1ヶ月使ってみた水分補給にベストなボトル BRITA fill&go Active 気兼ねなく水を持ち運べる

その他

本日、東京では梅雨入り宣言されましたが、それまでは晴れた日が続いていました。

カラッとしていても暑いので、小まめに水分補給が必要な時期になってきました。

まぁコンビニがあるので困ることはないと思いますが、今年役に立っているのが BRITA fill&go Active。

なんとなくインスピレーションで欲しいと思った商品。

欲しいなぁとブログに書いたときに、ちょっと面倒だったりするコメントはいただいていました。

ただコメントの内容も今回のスクイーズボトルのタイプではなかったので、思い切って購入してみました。

そしてこのGWから使用しての感想です。

使い始めは簡単

ビニールに入ったフィルター(MicroDiscという)をぬるま湯に1分浸します。

その間、ボトル本体などを洗います。

洗い終わったボトルにフィルターをセットします。

ボトルに水道水を入れます。

たったこれだけ!

メンテナンスはフィルターの週一熱湯消毒と4週間での交換

ボトルは食洗機でも洗えるとのこと。

普通に使えますね。

ちょっと違うのがフィルター。

1週間に1回は熱湯消毒するように記述があります。

また、4週間で交換とのことです。

BRITA fill&go | 浄水器のBRITA(ブリタ)
BRITA fill&goのご案内です。ポット型浄水器やフィルターカートリッジなどをお求めでしたら、ブリタジャパンへ

フィルターの性能を維持するためにも定期的な交換は必要ですね。

約1ヶ月間、問題ない使い心地

スクイーズボトル型のボトルなので、吸ったり、ボトルを押す感じになりますが、問題なく使えています。

吸い付く感じが嫌な方は、キャップがついているのでコップとして利用すれば大丈夫です。

今のところ持ち運びしていても、ボトルに入れた水が漏れたことはありません。

少し気になるのは飲み口の材質でしょうか。

匂いに敏感な人だとダメかもしれません。

気になるフィルター性能

味やニオイに影響を与える9項目除去されるとのこと。

塩素やカビ臭などが取り除かれるので、水道水を手軽に持ち運べます。

今は現場のオフィスビルの給湯室などを良く利用しています。

ミネラルウォーターを買わなくなりました。

唯一のフィルター付きボトル

どこでも水を補給できる便利さは最高です。

オフィスビル、公園など、外にいても手軽に水分補給できます。

水道水は常温なのでお腹にも優しい。

先日は熱中症対策のためゴルフコンペにも持って行きました。

今年の夏は”BRITA fill&go Active”で乗り切ります。

 

その他
シェア大歓迎です!この記事が役に立ったらシェアしてください!
Yutaka HOKARIをフォローする

広告

スポンサーリンク
スポンサーリンク
| HOKARI's Eye sense/design/code