MFクラウド経理とScanSnap iX100でレシート(領収書)のOCR入力をしたい

ICT

MFクラウド経理でレシート(領収書)のOCR入力をしたいと考えています。

なぜMFクラウド経理でOCR入力したいのか

なぜそう考えているか。

・日々の事務処理を楽にするため
・ユーザー目線でブログに書くため

今、日々の会計処理が少しずつ出来てきています。

それをもう一歩進めるためにも必要でもあると考えています。

現時点では力技で入力すれば良いことでもありますが、それなりに時間が取られているのも事実。

そのために効率化が図れるか探っていきます。

現状はMFクラウド会計での経理処理

それでは現状把握です。

MFクラウドのサービスはシリーズになっています。

ここでは法人向けのものを書きます。

会計からはじまって請求書、経理、給与、マイナンバーまであります。

MFクラウド会計だけあれば青色申告できますので、小規模ならこれだけで十分でしょう。

それにMFクラウド請求書を付加すれば、ほぼ普段の会計業務はまわります。

現在、私はMFクラウド会計と請求書を利用しています。

この会計と請求書で銀行口座とクレジットカードなど幾つかのサービス系との連携ができ請求に関わるところも関連できるのでかなり簡素化していると思います。

2017年度の決算も終わっていますが、引き続き会計処理を進めていて、銀行口座と現金が合うところまではできるようになっています。

これからはMFクラウド経理を利用したOCR入力

いままで会計的には大きな変化することなく事業を進めているので、仕訳自体はある程度決まっています。

それだけに単純ですが、日々の経費入力が楽にできるようになると事務処理負担が大幅に軽減されますね。

そこで目をつけたのがMFクラウド経費です。

経費を利用すればOCR入力ができ日々の経費精算が、もの凄く便利になると思ったからです。

もともとMFクラウド会計では、ScanSnap iX100を利用したファイル取り込みができるので、簡単に導入できるだろうと考えたのもありました。

ところがMFクラウド会計と経理のお試し版を使いながら少し調べて見ましたが、どうやら素直にはOCR入力出来ない感じでした。

サービスとして統一されていない感じなんです。

実際に、どうレシート(領収書)をOCR入力対応させるか、次回以降で書いて行こうと思います。

会計事務所と会社の経理がクラウド会計を使いこなす本―――これ1冊ですべてわかる!
土井 貴達 米津 良治 河江 健史
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 66,292

広告

スポンサーリンク
ICT日々の瞬間を綴る
スポンサーリンク
シェアしてくれたら嬉しいです
Yutaka HOKARIをフォローする
| HOKARI's Eye sense/design/code