ソニー α7C を ATEM Mini に HDMI で接続して 2 時間 Zoom ミーティング OK でした : 本人編

物欲ありすぎ

ソニーのフルサイズカメラ α7C を購入しましたが、ちょっと使うタイミングがなく、ものくろさんとのセッション WEB カメラとして使ってみました。
サブカメラとして SIGMA fp を。

その時のことをものくろさんが「ソニー α7C を ATEM Mini に HDMI で接続して2 時間 Zoom ミーティング OKでした」と記事にされていたので、 α7C を利用していた側から設定の詳細を少々追記。

ソニー α7C をATEM MiniにHDMIで接続して2時間Zoomミーティング OKでした - ものくろぼっくす
クライアントさんが、ソニーのフルサイズカメラ α7C を導入されて、ATEM MiniへHDMIで接続して、Zoomミーティングを行いました。 コンパクトなフルサイズセンサーカメラなので、センサーの熱問題が気になっていま

RX0IIZV-1 でもセッションを行いましたが、その時は「自動電源OFF温度」を「高」にしていなかったので、バシバシ落ちてました。
この教訓をもとに今回ははじめから「高」に設定。

で、その他の設定周りを。

WEBカメラとしての使用ですが、画像関連の設定。

1/50
F1.8 +2.0
ISO800

電源周りに関連しそうな設定。

AF1 のフォーカスモードは、コンティニュアスAF。
AF2 の顔/瞳AF設定で、AF時の顔/瞳優先は、入。
セットアップ2 の自動電源OFF温度は、高。

録画はしていませんが、USB給電はしていました。
また、カメラ本体の温度ですが、触ってみてほんのり温かい程度でした。
開始時のバッテリー容量をみておらず、かつセッション後3日経っていますが、バッテリー容量は 65% でした。

fp と比べてフォーカス早いので WEB カメラとしては、α7C の方が良いですね。

物欲ありすぎ
シェア大歓迎です!この記事が役に立ったらシェアしてください!
Yutaka HOKARIをフォローする

広告

スポンサーリンク
スポンサーリンク
| HOKARI's Eye sense/design/code