マイルストーン(milestone)のヘッドライト MS-B1+ を使ってみました

お気に入り
スポンサーリンク

先日(2019/4/19-21)のフォックスキャンプのキャンプリトリートで本格的にマイルストーン(milestone)のヘッドライト MS-B1+ を使ってみました。

本格的なアウトドア用ということで購入した逸品となります。

使用感は非常に満足なものでした。

明るさ

光量は最大250ルーメン。

電源ON時は40%で点灯します。

100ルーメンほどでの点灯になるので、通常の利用なら十分な明るさになります。

100%から5%まで無断階で調光ができるのも特徴でしょうか。

100%MAX時と5%MIN時には点滅して教えてくれます。

これ便利!

もう一つは赤いLEDがあること。

星空観測しているときなどに良さそうです。

赤色LEDをしようしている時に撮った写真

重さ

重量はベルト込みで96g

軽量では無いですが、重く感じることもありません。

ベルトもしっかりしていて装着しての行動時もズレなかったです。

電池

MS-B1+ は、リチャージャブルバッテリーです。

USBで充電します。

スマホなどのモバイル機器を持ち運ぶのでバッテリーの共通化が図れます。

単3や単4などの電池を持ち運ぶ必要がありません。

防水性

ちょっとやそっとの雨なら大丈夫なIPX5

今のところウォーターアクティビティの予定は無いから問題なし。

幸い今回のキャンプで雨は降りませんでした。

風が強い日はありましが。

当然、悪天候でない方が良いのですが、天気は変わりやすいですからね。

変なところで気を使わない性能はうれしい。

価格

リチャージャブルバッテリー式のためか少々高め。

ただし同じようにリチャージャブル対応できるヘッドライトにはペツル(PETZL)がありますが、ペツル(PETZL)よりは安価でした。

電池を買う手間と費用を考えれば問題ない価格だと思います。

ここに至るまで

昨年(2018年)にキャンプに行きました。

そのときはまだヘッドライトは持っていません。

夜は友人に借りて出掛けてました。

やはりアウトドアをするには必要だなぁと体感しました。

帰宅してからヘッドライトを探すことになります。

雑誌やWEBで調査してアウトドアショップを巡ります。

結局、なかなか決まらない訳ですよ。

ヘッドライトのメーカーだって沢山ありますから、何を基準に買ったら良いか分からなくなります。。

軽く調べただけでも10ブランドあります。

  • ブラックダイヤモンド(Black Diamond)は、1989年設立のアウトドアブランド。
  • エンジャイザー(Energizer)は、全米NO.1ライトブランドのメーカー。
  • ジェントス(GENTOS)は、日本でトップシェアのLEDライトメーカー。
  • レッドレンザー(LED-LENSER)は、ドイツで生まれたフラッシュライトを製造するグローバル企業。
  • マムート(MAMMUT)は、150年以上の歴史を持つスイスのアルパイン・クライミング用品ブランド
  • マイルストーン(milestone)は、日本発のアウトドア用ヘッドランプメーカー。
  • モンベル(mont-bell)は、日本のアウトドアメーカー。
  • ペツル(PETZL)は、フランスのクライミングギアを取り扱うブランド。
  • プリンストンテック(PRINCETONTEC)は、レジャーやアウトドアで役立つフラッシュライトを製造するアメリカのメーカー。
  • シルバ(SILVA)は、シルバコンパスが有名なスウェーデンのアウトドアメーカー。

そんな中、僕のアウトドアライフの基準(目指す)になりそうな四角大輔さんの本『バックパッキング登山入門』に出会います。

そこに書かれている一つにマイルストーン(milestone)のヘッドライト MS-B1+ があったんですね。

店頭においてあるところは見たことがありません。

Amazonでないと購入できないかも。

アウトドアイベントのご案内

フォックスキャンプは、皆さまのスタイルに合わせたアウトドアライフを、飯泉賢と私、保刈豊がプロデュースするサービスです。
>> 詳しくはこちらのページ

お気に入り感じるアウトドア
シェア大歓迎です!この記事が役に立ったらシェアしてください!
Yutaka HOKARIをフォローする

広告

スポンサーリンク
スポンサーリンク
| HOKARI's Eye sense/design/code