キャンプに火消し壺を持っていってますか?教えてください。

自然を感じるアウトドア

キャンプに火消し壺を持っていってますか?と問いてますが、そもそも焚き火必要ですか?

私の場合、キャンプに焚き火など必須ではないので、ソロキャンのときには持って行きません。
シングルバーナーがひとつあれば問題ないからです。

とは言うものの、その時の状況にも寄りますので、焚き火をする可能性はあります。

これがソログルからは変わってきます。
火を囲んでの話しは良いものです。

これも絶対ではなく、その時の場所や参加者によりますが、装備として火消し壺は持って行きます。

今、常用している火消し壺はこちら

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 大型火消し壺 火おこし器セット

なんだかんだいいながら〜

焚き火はいいんですよ!

で、焚き火の時に燃え残りませんか?
全部が灰になったことは無いような気がします。
どうしても炭が残るんだよなぁ。
(まだまだ修行が足りないのか)
一番燃焼効率のよい焚き火台なら時間を掛ければ燃え尽きるかと思いますが、そこは楽しさが優先されてしまいますしね。

だから毎度、キャンプ場から燃え残った炭になったものを持ち帰っています。
灰は自然に帰るけど、炭は自然に帰らないからね。

仮に公共の交通機関を使いバックパック一つでソロキャンに行くとした時、焚き火台は小型のがあるので良いとして。
火消し壺をどうしようか悩みますね。
みんなどうしているのだろう?

このあたりの兵式飯盒が持ち運べるし良さそうかな?

みなさんはどうしていますか?
教えてください。

アウトドアイベントのご案内

フォックスキャンプは、皆さまのスタイルに合わせたアウトドアライフを、飯泉賢と私、保刈豊がプロデュースするサービスです。
>> 詳しくはこちらのページ

自然を感じるアウトドア
シェア大歓迎です!この記事が役に立ったらシェアしてください!
Yutaka HOKARIをフォローする

広告

スポンサーリンク
スポンサーリンク
| HOKARI's Eye sense/design/code