いいわけ

ふと思った。

冬真っ只中、僕は「寒いのが苦手」という言葉を良く使っている。

「寒いのが苦手」というのは本当のことだが、これは一つの条件に過ぎない。

言い訳だ。

好きなことをやるのに寒いも暑いもないのだ。

実際、昨年末からはじめたドローンは冬の間やっている。

 

よくよく考えてみると、自分の中の行動力が下がっている時、やらない理由を上塗りするように言葉が出ているようだ。

 

寒いなら寒さを凌ぐ服装なり道具を使ってやれば良いのだ。

 

「お金がないから…」、「誰かに言われたから…」などなど

自分が行動しない・したくない理由を転嫁しているだけなんだと改めて気づいた。

 

結局、このやはりマイナスな言葉は自分の行動をさらに縛ることになる。

 

だから行動を縛る言葉を、どのようにして払拭するかに意識を集中して行った方が、行動力が増す方向に動くと感じた。

ただそれは自分では分かっているのだ。

今は出来ないからそう言っている。

 

「寒いのが苦手」なら単純に考えるなら厚着をすれば良い。

だが厚着をすると運動するパフォーマンスが落ちるから、ある程度の機能を有した服装にする必要がある。

適した服装というのは高いものだ。

上から下まで揃えるとなると、結構な額になる。

そうなると直ぐには無理で少しずつ揃えて行くしかないのだ。

 

そういうことを一言にして「寒いのが苦手」と言ってしまっているのだ。

これはヤメよう。

自分の行動も縛っていくし、周りにもマイナスなイメージを与えすぎる。

 

「いつか冬山キャンプ!今は準備中」くらいにしておこう。

日々の瞬間を綴る
シェア大歓迎です!この記事が役に立ったらシェアしてください!
Yutaka HOKARIをフォローする

広告

スポンサーリンク
スポンサーリンク
| HOKARI's Eye sense/design/code