ドローン DJI Mavic Mini ファームウェア バージョンアップ時にはバッテリーも全部交換してチェックしよう

ドローン

Mavic Mini のファームウェアバージョンアップ時には、バッテリーも全て交換してファームウェアを上げようというお話し。

私の場合、基本的にアプリは毎日更新しています。
そしてフライト前日には、全て接続してファームウェアのバージョンなどもチェックしています。
この時チェックかつファームウェアバージョンアップに盲点がありました。

私の購入した Mavic Mini は Fly More コンボというセットで、バッテリーが3個ついています。
前日チェックのときには、そのうちの1つだけ入れてチェックしてました。

ですから機体も含めてバージョンアップした際、バッテリーは手持ち3個のうち1個しかバージョンアップされていなかったのです。
今年2回目のフライト前日チェックの際に発覚したのですが、たまたま前回と違うバッテリーを入れてチェックしたので分かりました。
これが同じバッテリーだったら気づかなかったのでしょうね。

チェック時に出たメッセージ

バージョンアップ画面

バージョンアップ詳細

次からは前日チェックの際には、全部のバッテリーを入れ替えて起動させチェックするようにします。

ちなみに~
Mavic Mini 関連のファームウエアおよびアプリのバージョンの最新は、2020年1月16日現在、下記のようになっています。

Date: 2019.12.31
Aircraft Firmware: v01.00.0400
Remote Controller: v01.00.0400
DJI Fly App iOS: V1.0.4
DJI Fly App Android: V1.0.4

詳細はリンクより確認してください。(もしかしたら日本語版は古い可能性があるかも)

クリックしてMavic_Mini_Release_Notes_jp.pdfにアクセス


クリックしてMavic_Mini_Release_Notes_en.pdfにアクセス

ファームウェアバージョンアップ手順はDJIから動画で出ています。

Mavic Mini|ファームウェアのアップグレード(JP字幕)
ドローン
シェア大歓迎です!この記事が役に立ったらシェアしてください!
Yutaka HOKARIをフォローする

広告

スポンサーリンク
スポンサーリンク
| HOKARI's Eye sense/design/code