ドローンを操縦することになったので法律関連など調べてみました

ドローンを操縦することになったので法律関連を調べてみました。

ドローンを操縦することになりました。
これから操縦するにあたりドローン本体を購入することになりますが、本当に直近で DJI の Mavic Mini という製品が発表されました。
そろそろ初期ロットが発送されているころでしょうか。

その Mavic Mini の SNS などの記事で、航空法をクリアした 199g の新型ドローンとの記事を良く見かけました。
今回ドローンを操縦するのがはじめてなので、そんな法律が関係すること自体知りませんでした。

そこで今回は法律関連などを調べてみました。

そうしたらあるわあるわ。

  • 航空法
  • 小型無人機等飛行禁止法
  • 民法(私有地)
  • 電波法
  • 道路交通法
  • 港則法
  • 海上交通安全法
  • 河川法
  • 海岸法
  • 都市公園法
  • 自然公園法
  • 文化財保護法
  • 条例(各都道府県および市区町村)

航空法だけがクローズアップして記事にされたりしていますが、これだけの法律関連があるのですから気軽に飛ばせそうにはなさそうですね。
関連省庁や自治体、各種管理系の事務所や私有地などへの許可や承諾などを受けないと問題になりそうですね。

今後、もう少し掘り下げていってみよう。

ドローン
シェア大歓迎です!この記事が役に立ったらシェアしてください!
Yutaka HOKARIをフォローする

広告

スポンサーリンク
スポンサーリンク
| HOKARI's Eye sense/design/code