ドローンの IMU キャリブレーションエラーに気をつけよう

droneドローン

みなさん IMU キャリブレーションって知っていますか?
私はつい最近知ることになりました。

詳細は書けないのですが、IMU そういう風になる可能性があるのかと思い知らされました。

コンパスキャリブレーションは iPhone などでも行うので知っていました。
IMU って何ぞや? な感じです。

Wikipedia によると

慣性計測装置(英語: inertial measurement unit、略称:IMU)は、運動を司る3軸の角度(または角速度)と加速度を検出する装置。INU (inertial navigation unit)、IGU (inertial guidance unit)、IRU (inertial reference unit) とも呼ばれる。

基本的には、3軸のジャイロと3方向の加速度計によって、3次元の角速度と加速度が求められる。信頼性向上のために圧力計、流量計、GPSなど別種類のセンサが搭載されることがある。通常は、搭載する移動体の重心に置く。

IMU はドローンを支えるところで、複合的な要素でエラーになりそうです。

「ドローン」、「IMU」および「エラー」で調べると、こんな感じ。

ドローン IMU トラブル - Google 検索

いろいろ出てきます。

一概にこれ!という症状はないので、フライト前日および直前に IMU キャリブレーションエラーが出ないことを確認するしかないでしょう。
仮に飛行中などに問題が発生した場合は、速やかに帰投し着陸することをおすすめします。

仕事としてドローンで空撮などをするなら、予備機は用意しておくべきでしょうね。
それくらいびっくりした出来事でした。

ドローン
シェア大歓迎です!この記事が役に立ったらシェアしてください!
Yutaka HOKARIをフォローする

広告

スポンサーリンク
スポンサーリンク
| HOKARI's Eye sense/design/code