ストレングスプレイスの作り方(方向性を感じた)

ストレングスプレイス

漠然と個人の強みがコラボレーションできる場を作りたいと昨年後半から考えていました。

どんな形が良いのか見当もついていなかったのですが…

この数日で感じたことがありました。

直近、私のこれまでの経験も含めて感じていることは、やはり個人の時代だということ。

それは以前よりあったのだと思いますが、現代の情報による産業革命時代には、より鮮明なことと思います。

それを感じ先頭を走ってした先人たちは、その手法を体系化して次世代の人材を育成しています。

このことは物凄いことで、何年も掛かった経験が、そのセミナーなどで知ることができますから。

ただ、私のような普通の会社員からフリーになり、法人化し、2つ目の法人設立に関わった経験によると、私の知っている人たちの人材育成法では動けない人たちがいることに気づきました。

私が目指すべきところは、次世代人材育成する方々とコラボレーションする形のものだと感じました。

もう少し考えたら動いていきます。

ストレングスプレイス
シェア大歓迎です!この記事が役に立ったらシェアしてください!
Yutaka HOKARIをフォローする

広告

スポンサーリンク
スポンサーリンク
| HOKARI's Eye sense/design/code