SONY VLOGCAM ZV-1 が USB ケーブル接続だけで Web カメラになるアップデートが来た

カメラ

ソニーの VLOGCAM ZV-1 が USB ケーブル1本で PC に接続して Web カメラになるアップデートがありました。
USB Video Class(UVC)、USB Audio Class(UAC)対応なので、映像と音声の両方扱えます。

今まではソニーのソフトウェア(Imaging Edge Webcam)を使う(音声は扱えない)か、HDMI 出力を変換する必要がありました。
その手間がなくなったのです。
素晴らしいですね。

## アップデート

ソニーの「デジタルカメラ/ビデオカメラ 本体アップデート情報」にアクセスします。

ZV-1 のバージョン 2.00 の詳細ページくクリックします。
アクセスしている OS に合わせた内容のページへ飛びます。
私の場合 macOS 版のページへ。

本体ソフトウェアアップデート|本体アップデート情報 | デジタル一眼カメラα(アルファ) | ソニー
ソニー デジタル一眼カメラα 本体ソフトウェアアップデート・本体アップデート情報

残念ながら今日(2020/02/10)時点で macOS Big Sur には対応していないと書かれています。
ダウンロードしたファイルにはアップデート用のアプリがあり、そのアプリが Big Sur に対応していないのでしょう。

アップデート自体は該当のページに手順が記載されているので、その通りに実施することで問題なくアップデートできました。

## USB ケーブルでの接続テスト

こちらもソニーのヘルプガイドに記載されています。

ZV-1 | ヘルプガイド | 画像と音声をライブ配信する(USBストリーミング)(動画)

USB ケーブルは外しておきます。
動画撮影モードでカメラ設定をしてから、「MENU」 -> 「撮影設定2」 -> 「USBストリーミング」 を選択します。
そうするとカメラ液晶画面に 「USBケーブルを接続してください」 と表示されるので、USB ケーブルを接続します。

接続するとカメラ液晶画面では 「接続機器から配信を開始してください」 と表示されます。

接続した PC でビデオカメラとして認識するので、ビデオのカメラ設定で 「ZV-1」 を選択。

また、オーディオのマイク設定でも 「ZV-1」 を選択。

こうすることで 「ZV-1」 が Web カメラとして使用できます。

カメラ
シェア大歓迎です!この記事が役に立ったらシェアしてください!
Yutaka HOKARIをフォローする

広告

スポンサーリンク
スポンサーリンク
| HOKARI's Eye sense/design/code