死と向き合って生きる

人はいつか死ぬ。
変えられない事実だ。

どうせ死ぬなら自分の布団の中で静かに死にたいものだ。

自然災害も震災や台風の影響があったり、今回のような未知のウイルスのパンデミックがあったり死について考えざるをえない。

苦しまずに死にたいが僕がそう思ったところでそうなるとは限らない。

どうしたら自分の布団の中で死ねるか?

たぶん家族、知人たちや近所の人たちとの繋がりなんだろうと感じる。

愛を持って繋がっていられたら…

少し方向性を考える必要があるかもしれない。

日々の瞬間を綴る
シェア大歓迎です!この記事が役に立ったらシェアしてください!
Yutaka HOKARIをフォローする

広告

スポンサーリンク
スポンサーリンク
| HOKARI's Eye sense/design/code