アフターコロナ

東京オリンピックが正式に延期となった。
これで新型コロナ対策に集中できるだろう。

日本では今のところ爆発的な感染者数の上昇はなさそう。
だが日本では判明していない数も相当数いそうな気もする。

世界をみれば、まだまだ収束の兆しが表れないので、日本でも引き継ぎ注意していくしかないだろう。

新型コロナ対策の影響で一部の業種ではリモートワークが大幅に進んだのではないだろうか。

もともとオリンピック向けにテレワークの検討をしていた企業もあったようだ。
検討していたり一部業務補完のために運用していたリモートワークと今回のような大規模災害での運用とでは実業務に大きな差があるはずだ。
それが検証できたのではないだろうか。

使うツールやセキュリティなどで各企業検証する内容は異なるだろうが、今後のリモートワークへの道筋が見えたはずだ。

現状、諸般の事情でリモートワークが出来ない身だが、リモートワークへの準備は進めていると聞いている。
早く実現して欲しいものだ。

関東圏にいると東京23区へ通勤、仕事して東京外へ帰る人が多いと思う。
今回のウイルスだと通勤時のリスクが一番大きい。
わざわざウイルスの多いところに飛び込んでいるのだから。

昨今、猛暑、台風や地震など災害も多い。
そんな災害時にリモートワークか!?みたいなところもあるけれど。
無理して通勤しないでも良い体制づくりは必須になってくるのではないだろうか。
というより、そのような体制が組めないところへは人材が集まらない気もする。
(リモートワークできる職種ね)
リモートであれば世界と繋がれるから人材も世界に広がるしね。

ただアフターコロナの世界ではよりネットワークを駆使したリモートワークなどは必然的になるだろう。

我々は生まれ変わらなければならい。

日々の瞬間を綴る
シェア大歓迎です!この記事が役に立ったらシェアしてください!
Yutaka HOKARIをフォローする

広告

スポンサーリンク
スポンサーリンク
| HOKARI's Eye sense/design/code