ピンポンあらためキャッチボールをただいま練習中

体・技・心
スポンサーリンク

会話で脊髄反射してしまうことがあります。
身近な人たちになればなるほど。

ピンポンで気持ちよくラリーする感じ。

 

それは私の感覚であって、周りの人のテンポではないんですよね。
単純なことなんですが、自分に取っての当たり前が相手にとっては当たり前ではないんです。

 

相手の言葉をキャッチしないと成り立たないこに気づきました。
何回目の気付きだろう(笑

 

でもね〜
脊髄反射してしまうのはクセなので、なかなか変えられないんですよ。

 

そこで武器を手に入れました。
野球のグローブです。

キーホルダーですけど。

 

これを会話の時に手に持ちながら、ちゃんと会話のキャッチボールができるように訓練してるんです。

 

このちょっとしたことが有効で、かなり心穏やかに会話できるようになった気がします。

 

自分のクセや相手とのコミュニケーションについて、先日のコーチングで気づいたことです。
私だけでは解決する術を持っていなかったから助かりました。

 

早く武器を持たなくても良くなりますように。

 

体・技・心
シェア大歓迎です!この記事が役に立ったらシェアしてください!
Yutaka HOKARIをフォローする

広告

スポンサーリンク
スポンサーリンク
| HOKARI's Eye sense/design/code