ソニーのドローンで業界に変化が起こるか?

ドローン

ソニーがドローンを出すらしい。

Sony Japan / Airpeak
Airpeak。AIロボティクス領域におけるドローンプロジェクトが始動。創造への頂へ。人間の可能性を広げるイメージングとセンシング、そしてAI ロボティクス。これまで築き上げてきたテクノロジーを結集し、かつてない自由な視点で、空という領域を限りない創造空間に変える。制約を解き放ち、いま未知なる体験へと導きます。

プロペラが回っているようだ。
非常に期待してしまう。
2021年春の事業開始ということだが、今後の動きが見逃せない。
どんなドローンなのか?

多くの日本企業がドローン開発しているが、多くはオーダーメイド的なもので DJI の Mavic のような位置づけのものではない。
さらにグローバルでサポートできるような体制が確立できるかが重要だと思う。

様々な観点からソニーのドローンには可能性がいっぱいだと考えている。
あまり低価格帯ではなく α7III や α7C くらいの価格帯が個人的には良い気がしている。
法律的にも厳しくなっていくなか、価格設定なども重要な要素だ。

どちらにしても期待は膨らむ。

ちなみに・・・
私がドローンを初めてそろそろ1年が経とうとしている。
その時は DJI の Mavic 3 の話しが出ていて少し購入を躊躇していた。
ほんの少しでも練習をしていると、やはり手元にドローンが欲しくなり Mavic Mini が出たこともあり購入した。

年が開け Autel Evo II のこともあってか結局 Mavic 3 の発表がなく、新型コロナの広がりもあり2020年の前半は動きが無くなった。
そして政治的影響もありドローンも中国製品の排除が決まっている。
今のところ影響はないが、今後のことも考えて DJI などの中国製品以外を検討しているところである。

今年に入ってから Autel Evo II に注目が集まっているが、Autel Robotics は中国企業なので会社としては DJI と変わらない立ち位置だとみている。
個人的には Made in USA と謳っているのが、いかにも怪しい。
が、やはり興味はある。
しかし Autel Evo II カメラ性能も 6K だ 8K だと書かれているが、センサーサイズは 1 インチ や 1/2 インチだったりするので、映像などに強い人に受け入れられるかは甚だ疑問ではある。

最近だと Skydio 2 に注目していた。
こちらはアメリカ企業。
自律飛行・衝突回避技術が売り?
DNSS(GPSなど)の測位ができない状況でも大丈夫とのこと。
これは嬉しい機能だ。

中国企業であろうとやはり DJI は別格?
最近の動きは変な感じがするが。

そこにいくつかの競合企業が入ってきて、最後にソニーだ。
2021年のドローンは話題が豊富になるかな。

ドローン
シェア大歓迎です!この記事が役に立ったらシェアしてください!
Yutaka HOKARIをフォローする

広告

スポンサーリンク
スポンサーリンク
| HOKARI's Eye sense/design/code